「ゆるむ・ゆるめる」2020春分/暮らしのおへそvol.29に掲載!

なんと、1か月以上ぶりの更新です。
みなさま、お元気でしょうか?

この間、何をしていたのか思い出してみると、
岐阜マンという漫画をつくっていたり(岐阜の地名にめちゃくわしくなった!)、
確定申告をしたり(例年になく短時間で終わった!)、
初ルン・ルを体験したり(めちゃめちゃよかった!)
盛岡にレッスン&アミネの展示で行ったり(めちゃめちゃたのしかった!)、
なかなか充実の日々でした。

そうそう
(松之丞あらため神田伯山さんのラジオのお決まりフレーズ)、
2月11日に神田松之丞さんが神田伯山を襲名したあたりから、
舞台裏を毎日you tubeで流していまして、
昨年からの問わず語りリスナー(伯山さんのラジオ番組)のわたしは、
その映像を毎日たのしんでもいましたよ!
(いまさらyou tubeにはまりだすという、、、)

いや〜、伝統芸能の世界はおもしろいですね〜!

楽屋多め、舞台少しと、映像が交互に流れるのですが、
演者が、今日のお客さんは明るいよ、暗いよとか、
ムードを共有しあったり、
その日に何を話すかその場で決めていったり、
泣いたり、笑ったり、酔っ払ったり、乱入したりと、
ものすごいライブ感!

落語も講談も、型があるんだけど自由で、
それが思った以上に自由度が高くて、
想像以上に礼儀とかしきたりが濃厚なことにびっくり。

芸のことなど何もわからないただの素人ですが、
型をしっかり身につけたあと、
どうやって自分のものにしていくか、
ということは、ボディワークの世界にも、
いやどの世界にも通づることなのかな、
なんて思いました。
とにもかくにも、
舞台裏と名のつくものに惹かれます、、、!

久々なので書きたいことは山ほどあれど、
春分前にこれだけは書いておきたいのが!

1/30発売の『暮らしのおへそvol.29』に
掲載していただきました〜!
(今さらですが、、、!)

正確にいえば、ゲストエディターということで、
2pは自分のことを書き、
あとの4pはわたしが好きな人たち
(占星術家のふぇみにゃんさんと、
中目黒・レインボーバードランデヴーの
菅原雅世さん、裕之さん)
にご登場いただき、3組それぞれの
「ゆるめるおへそ」をご紹介しました。

『暮らしのおへそ』は、
わたしがこの出版社に在籍しているときに、
編集ディレクターの一田憲子さんと立ち上げた本で、
今のわたしをつくった原点といえます。
(すっかり忘れてたけど、
vol.にしようか、Vol.にしようか、No.にしようか、
とか考えたなあ、、、笑)

とはいえ、わたしはvol.12で卒業して、
もう8年半も経つわけで、
ここまで続けられているみなさんには
ただただ尊敬の念しかなく、
2020年1月30日発売というタイミングで
本に参加させていただいたことも、
いろんなことを確認するきっかけになり、
ただただ、ありがたいという気持ちです。f

個人的には、写真家の川島小鳥さんに
写真を撮っていただいたことが
ほんとうにほんとうに光栄で!!
こんなことなかなかないしなと、
思いきってお願いしてみて、本当によかったです。
(ワクワクするほうを選択しました!)

撮影おわったあと、
小鳥ちゃんがさくっと撮ってくれた家族写真
(夫と猫2匹と)は、もう家宝です、、、✨✨✨

そういえば、呼吸レッスンをはじめたころのテーマは
「ゆるむ」ということだったんです。

それがベースにあり、いろんなアプローチを試し、トライし、
今また「ゆるめる」ということに、あらたな気持ちで向き合っていて、
このぺージのテーマも「ゆるめるおへそ」にしました。

この取材が昨年11月のことで、
この「ゆるむ、ゆるめる」が、ここ1か月ぐらいで、
ハイパーに進化していて!
飛び級で中学から大学に入っちゃったような感覚で
わたしの中にしみっていっています。

大きなきっかけは、
最初にちょっと書いたルン・ルだったのですが、、、
その話はまたこんど書きますね!

そうそう、
ルン・ルの植原絋治先生がおっしゃっていたことで、
いったんやめても、またはじめればよくて、
それが「続ける」ということですよ、
という言葉にすごくほっとして、
こころに刻まれています。

何かをはじめること、やめること、
どっちも自分が決めたことなのに、
やめるとものすごく罪悪感がわきあがり、自分を責めはじめる。

なぜかわたしは
「冷えとり、前にやってたんですけどやめちゃって、すみません」
といわれることがときどきあり
(冷えとりのカバーソックスつくったり、
本つくったりしているからだと思いますが)

なぜわたしに! と毎回思うのですが、
これって、罪悪感からの発言だったりしますよね、、、
誰からも責められていないのに、
自分が自分に一番きびしい、、、、(きゃーーっ)

まさにわたしの反映なので、グウの音も出ませんが、
次回からは、植原先生のことばをお伝えしようかな、
って思っています。
まだ続いてるよ、って。

コロナが元気だからというわけじゃないのですが、
なんとなく3月は、盛岡以外でのレッスンはお休みする流れとなり、
静かにしていますが、これからもレッスンは続けます◎

盛岡では、あらたに得た「ゆるむ、ゆるめる」の体験を、
自分なりに拡大してお伝えできた気がしていて、
今後はますますこの感覚を深め、自分なりの工夫で、
たのしくシェアしていきたいと思っています!

2020春分に宣言したいのは、
なんだか遠征がしたい気分ということ◎
また盛岡にも行きたいし、福岡にも行こうかなと計画中です!
(あら、岡つながりだワ! ということは岡山も!?)

いろんな場所で、みなさんとゆるゆるゆるんでいけたら、
こんなにたのしいことはありません!!!