FullSizeRender

冷えとりとリネン

さわやかだったり、夏のように暑かったり、
日によって気温差が結構激しいですよね。
さらに、梅雨の足元もひたひたと感じはじめて、湿度もだいぶ高くなってきました。
 
冷えとりをしているので、つい先日も、お気に入りのパンツの中に、
ウールシルクのレギンスをはいて出かけたのですが、
その日はものすごく気温が上昇して、ニュースになってしまうような夏日。
 
日差しの下、あちこち歩いたので、
下半身がどんどんどんどん、どんどんどんどんあたたまっていって、
パンツの中はまるでサウナ状態に(笑)
 
天気予報をあまりみないもので、夏日になるなんて思いもせず。
上半身の服をちょっと間違えました、、、!
ノースリーブを着ておけばよかったな〜。
 
そう、下半身・足元をあたためるのが冷えとりなのですが、
「頭寒足熱」状態にするには、上半身を薄くするのも大切なポイントで、
これが意外と忘れがちなんですね。
 
もちろん、この日もシャツ1枚でしたが、
薄手のリネンにするとか、ノースリーブにするとか、手はありました。
 
この時期、朝晩まだまだ肌寒かったりするので、
薄手の、脱ぎ着しやすい長袖があると便利ですね。
わたしはストールで代用してますが、ほんと、これがあるとないとじゃ大違いです。
 
この時期、といいましたが、よく考えたら、夏になるとあちこちで、
エアコンがガンガン効きはじめるため、
長袖やストールは、初夏〜初秋の必須アイテムかも。
 
この春夏用にいくつかリネンのシャツを入手しまして、
並べてみたら、なんか似たようなものばかりじゃない? なんて思ったのですが
実際、着てみると、同じリネンの白シャツでも、生地の厚み、色、肌触りが
びみょうーーーに違っていて、、、(あたりまえですね)
 
この薄さ、上品ネ、、、とか、
この形で少し厚手は働きものだワ! 、、、とか、 
着心地の差異を素肌で感じて地味に感動。
誰とも共有できないことに悶えつつ(笑)、
あらためてリネンの心地よさにハマってます。
 
しかし、服作りをする人たちの思いが伝わる服は、気分があがります!
リネンは、洗ったらまた表情が変わっていきそうで、それもまたおたのしみ。
冷えとりにもやさしいリネン、ますますトリコになりそうです。
 
 
◎呼吸レッスン・単発クラス
/14 (日) 10001100 @代々木八幡
/21(日) 10001100 @千駄ヶ谷 
5/28(日) 10001100 @千駄ヶ谷 
6/3(土) 10001100 @千駄ヶ谷 
6/11(日) 10001100 @代々木八幡 
6/18(日) 10001100 @八幡山 
6/25(日) 10001100 @千駄ヶ谷
→詳細はこちら 
 
◎呼吸レッスン・連続クラス
<あとわずか! 三鷹deレッスン vol.9(少人数)>
第1回 5/14 (日) 12:30~14:00
第2回 5/28(日) 12:30~14:00
第3回 6/4 (日) 12:30~14:00
→詳細はこちら
 
◎『人と料理』に掲載していただきました!
5/2発売、写真家・馬場わかなさんの作品集『人と料理』(アノニマ・スタジオ刊)で、
食とからだにまつわるインタビューと写真を掲載していただきました。